世界最高峰エベレストを舞台にした映画を紹介します!

世界最高峰エベレストを舞台にした映画を紹介します!

標高8849M、ご存知世界最高峰の山がエベレストですね!
年々挑戦者の人数は増えていき、登頂率も上がっていますが、毎年死者が出ているので危険な事には変わりありません。

そんな過酷で神秘的な場所なので、やはり映画映えしますよね!
魅力的な舞台なのでたくさんの作品があるかと思いきや、意外と少ない!

これから紹介する作品全部観ましたが、正直僕個人的には面白いと感じない作品もありました。
ですが、好みはみんな違うのでまとめてみました。


ついでの話ですが、何故今エベレスト舞台の作品を記事にしたのかと言うと本屋に立ち寄った時に、
『デス・ゾーン 栗城史多(くりき のぶかず)のエベレスト劇場』という本を見つけました。




(画像クリックでAmazonへ)

帯に書かれた『開高健ノンフィクション賞 受賞作』という言葉に惹かれて衝動買い。

恥ずかしながら、僕は栗城史多さんの事をこの本を読むまで知りませんでした。
栗城さんに対して、世間は賛否両論みたいですね。
本を読んだり、ネットで少し調べた感じだと悪人ではないけれど、そう思われてしまう言動があるのかなという印象。
アンチが多い理由も分かるし、栗城さんの言動に刺激されて尊敬するのも僕はなんとなく分かるかも。

栗城さんは、エベレストで亡くなっています。
栗城さんを長くに渡って取材していた著者と、栗城さんをよく知る人からの話をまとめた内容です。
死者に鞭を打つ内容ともとれる本ですが、すごく興味深く読める本でした。


この本を読んで、エベレストに異様に興味を持ちました。



前置きが長くなりましたが、ここから映画紹介を始めます!

※各動画配信サービスの配信状況は2021年2月時点のものです。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各動画配信サービスの公式ホームページにてご確認ください。

ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂

再現ドラマと実際の映像や写真を織り交ぜた作品になっています。
映画というよりは、ドキュメンタリー番組と言った方が近いかもしれない。
淡々と話が進行していきます。
序盤は退屈に感じるかと思いますが、中盤から俄然(がぜん)面白くなります。

エベレスト関連の映画を観るならまずこの作品をオススメします!
ただ好みが分かれると思いますので、この作品が好きじゃない方は後に紹介する『エベレスト』の方が好みだと思います!

あらすじ

1953年、世界中がエベレスト初登頂を目指していた。
イギリス遠征隊の一員、ニュージーランド人のエドモンドとネパール人のテンジンは第2陣の隊に選ばれてしまう。

しかし、第1陣隊が登頂を断念。
二人にも登頂のチャンスが訪れる・・・。

『ビヨンド・ザ・エッジ 歴史を変えたエベレスト初登頂』はU-NEXTで見ることができます!
U-NEXTの無料トライアルはこちらから

クライマーズ

中国の映画です。
ちょっとアクションが派手すぎて、リアル感は欠けます。
エンタメだと思って観ると、そんなに悪くないと思います。

あらすじ

1960年、ファン達たったの3人の中国登山隊は、世界で初めて北稜からのチョモランマ(エベレスト)登頂に成功する。
しかし、滑落しかけた仲間を救うため、登頂した記録をするためのカメラを落としてしまう。
記録が無かったため、世界からは登頂成功は認められかった。

15年後、ファンは登山隊を結成し再び登頂を目指す・・・。

『クライマーズ』はU-NEXTで見ることができます!
残念ながら有料でポイントを払う必要があります。

ですが、初めてU-NEXTへ登録した方には600ポイントが無料でもらえます。
31日間の無料トライアル中に退会すれば、お金はかからないのでお得に観ることができます!

U-NEXTの無料トライアルはこちらから

エベレスト




1996年に実際に起きた、大量遭難事件の話です。
僕個人的には、今回紹介するエベレストが舞台の映画で1番好きな作品です。
綺麗な映像、迫力のある映像、寒さを感じる描写など見所が多いです!!
極限状態のサバイバルでドキドキするシーンが満載です。

あらすじ

1996年、ニュージーランドの登山ガイド会社がエベレストへの登山者を募集した。
探検家のロブをリーダーとしてチームを結成し、現地へ向かう。
ロブ達のチーム以外にも多くのチームが来ていた。
高地の順応訓練を終え、ロブ達は他のチームと協力しながら登っていく。

しかし、登頂ルートにあるはずのロープが無かったり、チームメンバーの体調不良などで予定が狂う。
さらに猛烈な嵐に遭ってしまい・・・。

『エベレスト』はU-NEXTで見ることができます!
U-NEXTの無料トライアルはこちらから

オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁

日本の俳優、役所広司が出演しています。
エベレストの登るという目的とは全く違うストーリーになります。
エベレストを舞台にしたアクション映画です。

リアルさを求める方にはオススメできませんが、映画だからと割り切れる方は問題なく観れると思います!

あらすじ

エベレストに登る登山客を救助する救援隊『チーム・ウィングス』は財政難でチーム解散の危機に陥っていた。

エベレスト南部、デス・ゾーンと呼ばれる人が生存できないと言われているほど酸素濃度の低い高所に一機の飛行機が墜落した。
飛行機には国際関係を揺るがす程の重要機密文書が乗せられていた。

50万ドルの高額報酬を条件に、サミットが開催されるまでに機密文書を取り戻すという困難で危険な任務に救援隊は挑む事になるのだが・・・。

『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』はU-NEXTで見ることができます!
残念ながら有料でポイントを払う必要があります。

ですが、初めてU-NEXTへ登録した方には600ポイントが無料でもらえます。
31日間の無料トライアル中に退会すれば、お金はかからないのでお得に観ることができます!

U-NEXTの無料トライアルはこちらから

まとめ

いかがだったでしょうか?
アクション映画など意外な作品でしたね!


ドキュメンタリーを含めれば、今回紹介した以外にもまだまだあります!
しっかりと観たら追記していきますね!