映画『ゴーカーツ』はゴーカート×青春の王道ストーリー

映画『ゴーカーツ』はゴーカート×青春の王道ストーリー

Netflixは高品質な映画やドラマが多数あります。
他の動画配信サービスも勿論良いところがたくさんありますが、Netflixはオリジナル作品やNetflix独占配信が多い!

しかもオリジナル作品、独占配信されている作品は多いだけじゃなく、非常にレベルが高い!

その中の一つゴーカートを題材にした王道ストーリーの『ゴーカーツ』を紹介します!

※Netflixの配信状況は2021年5月時点のものです。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

簡単な解説

公開  : 2020年
監督  : オーウェン・トレバー
主演  : ウィリアム・ロッダー
製作国 : オーストラリア

スーパーカー、クラシックカー、レースカーなど様々なカッコいいマシンのレース映画がありますが本作で活躍するマシンはそれほどカッコ良くは無い。
ゴーカートが活躍します。
しかし、遊園地や公園に置いてあるようなオモチャではなく、本格的なレーシングゴーカートでのレースになります。

意地悪だけど強力なライバル、親友、恋、何か訳ありの師匠、才能のある主人公・・・。
王道のストーリーで非常に見やすい映画で、面白いです!
濡れ場のようなシーンも無いので、家族とも安心して見れます!

映画評論家の一人が本作をゴーカート版の『ベスト・キッド』と評したようです。
まさに王道ストーリーですね!

あらすじ

母と主人公ジャックは、とある小さな町へ引っ越してきました。
そこでゴーカートと出会います。
才能があるため、初心者と思えない程の腕を見せます。

しかし、無謀な走りをする癖があった・・・。

ゴーカートを通じて、友達、女の子、ライバル、師匠、様々な人と出会い成長していく様子が描かれます!

感想

ゴーカートを題材にした青春映画は新鮮で面白かった。
主人公はイケメン。主人公のライバルは良い意味で意地悪でストーリーを引き立てる。

意外とゴーカートのレースシーンも迫力あります。
車やレース好きな方にもオススメです。

王道なストーリーなため、展開はありきたりです。
どんでん返しや、衝撃的な展開のある作品ではないため物足りなさを感じる人はいるかもしれません。